社会人として現代を生き抜く

学ぶ姿勢を維持することは、将来必ず役に立つ

研修で得られるもの

入社すると、職場によっては研修が行われるところがあります。
これは、業務をスムーズに行うためのスキル・知識・マナーなどを身に付けるための研修です。加えて、同僚と交流する機会でもあります。学生気分を忘れて、社会人としての自覚を持つといった目的もあるでしょう。
研修の意味を知ってから参加することで、よりいっそう得られるものは多くなることでしょう。

新人研修の場合は、会社の人と仲良くなるための良い機会です。一緒に入社した同期たちと研修のプログラムをこなしていくことによって、良きライバルや、良き相談相手が見つかる手助けになることでしょう。
また、実際に現場で働きだした際にも、情報を交換したり励まし合ったりすることができます。
研修では、遠慮なく先輩や上司にわからないことや仕事について質問して、不安材料を少なくしておくと良いです。

また、研修は新人のためだけのものではありません。百貨店などでは、定期的に社員指導が行われています。これは、挨拶の仕方、発声方法、笑顔の作り方などを学ぶ場です。
アパレルや雑貨を扱う会社では、新商品のプレゼンや、ラッピング指導などの研修を受けられる場が設けられることもあります。

その他にも、店長やリーダーなど、様々な役職の人向けの研修もあるでしょう。こうした場をうまく活用して、社会人としての自分を磨き、スキルや知識の向上を目指しましょう。積極的にメモを取るなどして、しっかりと学ぶ姿勢でいることが大切です。学ぶための心得は、こちらのサイトが参考になります→【「できる」人から学ぶお仕事マインド



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です